IMG_2028

「フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ」、無事に終了しました♪ヾ(*´▽`*)ノ お越しくださったお客様、お店の皆さん、ミュージシャンの皆さん、どうもありがとうございました!!

今回は元々お店の方から「何かやってくれないか」とスケジュールのご提示をいただいて、いわゆる「レコ発ライヴ」はその前の週に他所のお店でやっちゃってるし、何か普段と違う感じのライヴにしたいな…というところで、クラシック・フルーティストの上坂学さんとのコラボ企画を思いついた次第です。上坂さんには以前から「機会があったら何か一緒にやろうよ」とお声を掛けていただいていたんですが、ちょうど良いタイミングで実現することができました。

上坂さんと近藤盟子さんによる前半のセットリスト(クラシックの方はセットリストとは言わないか…プログラム?)は以下のとおりでした♪( `д´)σ

01) 歌劇「皇帝サルタンの物語」より、熊蜂の飛行 (N.A.Rimsky-Korsakov)
02) ソナタ ホ長調 BWV.1035より、第1楽章 (J.S.Bach)
03) ソナタ 変ホ長調 BWv.1031より、第2楽章 シチリアーノ (C.P.E.Bach)
04) シチリアーノ Op.78 (G.Faure)
05) ソナタ ハ長調 KV.14より、第1楽章 (W.A.Mozart)
06) ノクターン Op.9-2 (F.F. Chopin) ※ピアノ独奏
07) 愛の挨拶 (Sir E.W.Elgar) w/川満直哉
08) 美しきロズマリーン (F.Kreisler)
09) フルートとジャズピアノの為の第1組曲より、ジャワ風 (C.Bolling)
10) 3つの前奏曲より、第1番 (G.Gershwin) ※ピアノ独奏
11) ワルツ (B.L.P.Godard)

いずれも素晴らしい演奏でした。今回は企画の趣旨に合わせて、比較的よく知られた親しみやすい曲を中心に選曲していただいたようです。僕も聴いたことがある曲が多かったですし、曲ごとに作曲者や背景を説明していただいて、とても充実した内容でした。1曲だけ、エルガーの「愛の挨拶」という曲で2ndフルートを吹かせていただきましたが、譜面どおりに吹かなきゃ…というプレッシャーで年の初めからメチャメチャ緊張しました(笑)。

一方、僕が担当するブラジル音楽サイドでは、前日に渋谷JZBratでのバースデーライヴを成功させたばかりの今井亮太郎さんにピアノを弾いていただきました。こちらは直前まで曲目を絞りこまず、当日のリハーサルで候補曲を多めに提示して合わせてみて、最終的にこんな感じになりました♪( `д´)σ

01) Samba do Aviao / ジェット機のサンバ (A.C.Jobim)
02) Garota de Ipanema / イパネマの娘 (A.C.Jobim)
03) Olha pro Ceu / 空を見上げて (A.C. Jobim)
04) Assanhado / 遊び人 (Jacob do Bandolim)
05) スカイブルーの肖像 (今井亮太郎)
06) Samba da Manta / マンタのサンバ (川満直哉)
07) Bebe / 赤ん坊 (H.Pascoal)
08) Tico-tico no Fuba / 餌場の小鳥たち (Zequinha de Abreu) w/上坂学

こちらは僕の最近のライヴではよく演奏する曲ばかり。考えてみたら亮太郎さんとしっかりデュオで演奏するのは今回が初めてだったんですが、ブラジル音楽専門に長く活動しているだけあって、打楽器の不在を感じさせない強烈なグルーヴ感とカラフルなサウンドは流石の一言。バンドで演奏しているときと同じ安心感で音を作っていくことができました。曲間のMCではボサノバやサンバやショーロなど代表的なブラジル音楽の成り立ちやエピソードをあれこれとお話しして、クラシックサイドに負けない情報量はあったんじゃないかと思います。亮太郎さんと二人で「ブラジルではお尻の大きい女性がモテる」という話で盛り上がりすぎて「これクラシック側のお客さんに引かれてないか…!?」と不安になる瞬間もありましたが(笑)。

また、前半をお任せした上坂さんには、最後に「Tico-tico no Fuba」をご一緒していただきました。「我々クラシックの人間は譜面さえあれば何とかなるんだよ」と仰るだけあって、普段は演奏なさらないはずのショーロの名曲を軽々と吹きこなしておられましたよ♪

そんなこんなで、初めてのコラボ企画で不安もありましたが、お客様からは「楽しかった♪」 というお言葉をたくさん頂くことができ、僕のCDをお買い上げいただいた方もいらっしゃって大変嬉しかったです。皆さんご多忙なので次に全員揃うのがいつになるか分かりませんが、そう遠くないうちに再演を企画したいと思います。その際はまた宜しくお願いしますね♪